いずみが提案する癒しの庭”トーキング・ネイチャー・ガーデン”

  • VISION
    自然は近くにありますか?
    安らぎの場所はどこですか?

    例えば老人ホーム。利用者さんもヘルパーさんも その庭があるだけで、なんとなく心が落ち着き、 ひょっとしたら笑顔になって、一日が少し楽しくなる。
    それだけでも大きな成果の第一歩。

  • QUEST
    どこにある?
    そして私たちは自然を探す

    現代社会に必要なのは人と自然との距離を近づけていくことだと私たちは考えます。そのためにはどうするのか?それは、身近に自然をつければよい。それが庭だと考えます。

  • REALIZE
    生活のなかに自然を育む
    そして身と心に宿す

    人の生きる喜びはコンピューター社会や大量生産される2次製品に囲まれた中で生きるだけではなく、空気がきれいで、水が美しく、緑や自然に囲まれ、落ち着いた雰囲気の中で、日々自然を感じながら 生活をしていくことだと思います。大自然の中で生を受けた私たち。これが人間らしい生き方の本質だと考えます。。

DESIGN

デザインと技術

私達は一般条件(土地、気候、植生、人口、交通)とお客様のご要望とを分析し、人の心の移ろい、季節感等を踏まえて対象地にふさわしい庭をご提案いたします。
KeyWordは”日本庭園”です。一般的に日本庭園というと敬遠されがちですが、その奥深さは他の庭園様式にはないものがあり、私たちが皆様に表現したい庭の要素がたくさん詰まっています。この日本庭園と私たちがこれまで日本、アメリカ、中国で経験してきた実績とあわせ、いままでにないデザインで癒しの庭をご提案いたします。

デザイン要素

庭の大小に関わらず、その庭に一歩踏み入れてからその庭の中でどれだけの感動を提供することができるのかが私達のデザインテーマです。
庭の骨格である動線計画は庭づくりの上で最も重要な計画の一つです。道の幅を変える、舗装材料を変える、歩きやすい道、足下に注意して歩く道、歩く速度、視線の方向、視界の中の緩急、これらは園路の重要な構成要素となります。

PERSON

  • 和泉 智樹 (Principal Designer)

    1973年1月1日生まれ 大学卒業後、アメリカで日本庭園を学ぶ。
    株式会社いずみ ガーデン勤務後、2012年再渡米し、大規模庭園のプロジェ クトマネージャー。2017年帰国。

    • 1級造園技能士
    • 1級造園施工管理技士
    • 1級土木施工管理技士

  • 和泉 玲実 (Principal Designer)

    ニュージーランドで造園の武者修行。カナダで造園研修生。 国内では造園施行会社、エクステリアの会社で実績を積む。 2014年から3年間、招聘されてアメリカの造園会社で造園 デザイナー。造園が大好きで、将来の夢はお庭の魔女にな ること。

    • 1級造園技能士
    • 1級造園施工管理技士
    • 1級エクステリアプランナー

Talking Nature Gardenのあゆみ

  • 2012年3月
    • 造園技能向上訓練 室内庭園作成 テーマ「癒し」
    • 講師:和泉智樹
  • 2012~2017年
    • アメリカで癒しの庭づくり
    • アメリカの造園会社kurisu internationalより招聘される
  • 2014年
    • 全日本フラワー&ガーデン選手権 金賞受賞
  • 2014年
    • RIKCADパースコンテスト 和風大賞
    • 出展者:森山玲実、和泉智樹
  • モデルガーデン